ittenより

ベネチアンガラスに、チタンガラスを組み合わせる事により、透明さと不透明さのあるガラスのバランスが、多彩な色の輝きを最大限に引き出しています。 ガラスを切る作業から700〜800℃の温度で焼成される工程まで、すべて作者の手で丁寧に仕上げられています。 作者のインスピレーションから沸き起こる斬新なデザイン性溢れる作品は、一つ一つ表情を変えて現れる、ただひとつだけの輝きです。 見る場所の明るさで、輝きの美しさも変化します。ガラスアート作品だけではなく、ペンダントアクセサリーとしての作品もございます。 ガラスアートの輝きが、触れる人の心に清らかな癒しの光となるように、様々な空間にご提案してまいります。